山梨の巨峰・藤稔・シャインマスカットなどのぶどうを産地直送でお取り寄せ通販 | ショップビジョン

山梨の桃(もも)・ぶどう・特産品を通販 ショップビジョン

さくらんぼ 山梨 通販
    大きい!大黒なす 山梨から通販で

     

    甲州天空かぼちゃプリン

     

 

こだわり商品 かいやの煮貝 焼き肉のたれ ほうとう
    煮貝 山梨から通販で
    煮貝 釜飯の素 山梨から通販で
    甲州ワインビーフ カレー ビーフシチュー 山梨から通販で
    甲州ワインビーフ カレー ビーフシチュー 山梨から通販で
    ほうとう 山梨から通販で
    ソーセージ 山梨から通販で
    ソーセージ ベーコン 山梨から通販で
    焼肉のたれ 山梨から通販で
    チーズ 山梨から通販で
    そば 山梨から通販で
    マス イワナ ヤマメ 山梨から通販で
    豆腐 山梨から通販で
    カレー 山梨から通販で
    桃カレー 山梨から通販で
    バジルソース 山梨から通販で
    山梨の高級和菓子 枯露柿 お歳暮にお勧め
    山梨の高級和菓子 あんぽ柿 お歳暮にお勧め

 

ジュース・酢 ぶどうジュース ライスミルク ワインビネガー
    ぶどうジュース 山梨から通販で
    お米のミルク 米乳 山梨から通販で
    ワインビネガー 山梨から通販で
    ジュース 山梨から通販で
    ラフランス ゆず 山梨から通販で
    こだわりの無添加お酢 山梨から通販です
    ミネラルウォーター 山梨から通販で
    飲む温泉「岩下温泉水」 山梨から通販で

 

パン・スイーツ ドイツパン コンポート・ジャム ラスク
    ライ麦・ドイツパン 山梨から通販で
    ジャム フルーツソース 花びらジャム
    ロールケーキ 山梨から通販で
    花を味わう 春の香り 花ラスク 山梨から通販で
    桃 山梨から通販で
    山梨ペスカのジュエリーピーチ 山梨から通販で
    桃 山梨から通販で
    野菜香るジェラート 本場イタリア 山梨から通販で
    ヘルシーな健康応援クッキー 山梨から通販です
    はちみつ 山梨から通販で

 

癒しのアイテム 木工細工 温泉グッズ 枕 美容品
    木工品 山梨から通販で
    ひのき 枕 山梨から通販で
    潤い温泉せっけん 山梨から通販で

山梨の桃・ぶどう・特産品をお取寄せ通販 ショップビジョン

 

ショップビジョン 法人のお客様へ 各種ご相談賜ります

 

山梨の桃・ぶどう・特産品をお取寄せ通販 ショップビジョン


山梨の桃・ぶどう・特産品をお取寄せ通販 ショップビジョン
工房七丸 すべてがメイドインやまなし
富士山箸置き
山梨ゆかりのものを

宮大工として組木とか特殊な内装の建築を行ってまいりましたが、膝を悪くしてしまい、大きなものは作れなくなりました。自分の工房でなにかできるものはないかと、最初は寄木細工を考えたのですが、先駆者がいて様々な寄木がある。

違う切り口で山梨特有のものはできないかと考えた際、姪っ子の結婚式がきっかけに。「ほしいものは」と聞くと「バターケースがほしい」と姪っ子。作ったことはないけれど、試行錯誤のチャレンジ。バターナイフを黒檀で作ったがしならず面白くない。どうにかならないかと考え、ちょうど妹が勝沼で葡萄を作っていたので、その葡萄のツルを使えばなんとかなるんじゃないかと。そこから広がって、桃の木や八珍果など、山梨のゆかりのものを色々作ろうと始まりました。

スライスされた木
原材料の秘話

ぶどうの木は20年から25年で更新されます。すると、古い木は今まで薪になっていました。 薪として暖炉に使えるのは直径12cmが限度。それ以上の太いものは、農家さんとしても困るものでした。 七丸としては、それ以上の太いものがほしい。ということで、農家さんからもらう。もらいにいったお礼にお皿や名刺入れを上げたりして物々交換、お互いに良い関係性が生まれました。

つまり、工房七丸がご提供する食器や寄木細工は、葡萄の木や桃の木など、今まで使われていなかった廃材を利用した、新しい地域資源の活用方法です。

コースターとお茶
葡萄の木にカタチを教わる

作る工程として、まずぶどうの木をスライスして1年以上寝かせます。 切った時はまっすぐですが、寝かせると曲がったり割れたりしますので、そこから色々なものに形を変えていきます。 これは、自分でイメージして、なにかを作りたいということはできません。それぞれカタチが違いますからね。逆に、ぶどうの木に教わって形を作っています。 だから自然な形ができあがりますし、同じものは絶対に作れません。

富士山
霊峰富士、その麓で

富士山麓の町には産業がなにもないんです。しかし、そのなかでも後継者を育てたいって想いがありました。

昔はガチャマンといわれて、なにもないところに、機織りで一回ガチャンとならすと一万くらいの収入になる、そんな景気のいい時代がありました。しかし、中国など他に産業が移ってしまい、機織りっていう名前はあるけれど、経済としてはほとんど立ち行かない。

そのなかで、ぶどうの木の廃材を利用したものが一つの産業になれば、地元経済を潤すのではないかと考えました。 また、材料である木が乾燥するのに適しており、富士山の水を使える。そのような地のメリットも富士山麓にはあるのです。

山梨全体、地元地域の貢献について考え、さらに富士の恩恵を得ながら、工房七丸は富士のふもとから作品を皆様にお届けしております。