今が旬!意外と知らない桃の事!ゆるりと知ろう 第2回桃の伝説

2015年07月21日 10時48分 火曜日

こんにちは!ショップビジョンの齊藤です(*・ω・*)

 

前回に引き続き、大好評発売中の桃を紹介していきますよ~♪

第2回は桃の伝説!

普段なんとなく食べている桃ですが、実は昔の日本や中国ではとても特別な食べ物だったんですよ(`・ω・´)
今になって思うと、突っ込みどころ満載で少し面白いです( *´艸`)

 

 

IMG_0339

●第2回桃の伝説●

桃にまつわる伝説が多いって知っていますか?

桃は歴史が古い分、たくさんの偉業を成してきたのかもしれませんね(*´ω`)

 

 

日本の場合:

日本の創造神である「イザナギ」と「イザナミ」はご存知ですよね。
その2人の話が記してある「古事記」に桃が登場します。

イザナギは死んでしまった妻のイザナミの後を追い、黄泉の国へいきました。しかし、イザナミの姿はすでに変わり果てていました。イザナギは急いで逃げ出そうとします。すると、黄泉の国の軍勢がイザナギに迫ってきます。追い詰められたイザナギは桃を軍勢に投げつけました。すると追っ手はあっという間に退散したそうです。

なんという桃パワー!桃には厄除け効果があるといわれていましたからね。ちょうどそこに桃があって良かったですね(*´ω`)

 

そしてもうひとつ。皆さんもご存じ「桃太郎伝説

桃太郎は鬼退治をすることで有名ですが、この鬼は「厄」のことであると言う説があるそうです。
桃には霊力があると昔から考えられていたようです。なので邪気「厄」を祓うために、桃を使った話が生まれたと言われています。

桃太郎は厄除けの話だったのでしょうか(◎_◎;)

 

 

中国の場合:

桃には病魔や災厄を寄せ付けない力があるといわれています。
そして桃は「不老長寿の果物」と言われていました。

西遊記の中に天界の桃園の3000年に一度実る桃を食べると仙人に、6000年に一度実る桃を食べると不老不死に、9000年に一度実る桃を食べると未来永久生きられるという伝説が記されています。

中国では結婚式などのお祝いに桃の形をしたおまんじゅうを食べる風習があるそうですよ。
桃の魔よけの力は広く人々に浸透しているんですね。
なんと、この伝説に出てくる桃は現在も栽培品種として残っているのです!

 

 

今回は桃の伝説についてご紹介させていただきました!

思わずクスリッと笑ってしまうお話しもありましたね。

桃には厄除けなどの効果があるらしいので、「最近ついてないな~」とか「何かいいことないかな~」なんて思っている方は桃を食べて運気アップしましょう(∩´∀`)∩

 

img3

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
※ポチッとご協力お願いいたします