今が旬!意外と知らない桃の事!ゆるりと知ろう 第1回桃の起源

2015年07月17日 16時55分 金曜日

 

こんにちは!ショップビジョンの齊藤です(*・ω・*)

普段はショップビジョンのメールマガジンをつくったりなんかしていますよ♪
今回はブログ担当の堀内さんがお忙しいので私が堀内さんに代わってハイテンションでゆるりと語っていきますよ~(*´ω`)

 

ショップビジョンでは桃の販売がスタートしました!
皆さん桃はお好きですか?
甘くてみずみずしい桃は本当に美味しいですよね♪
桃は美味しいというだけではなく、栄養豊富な面も魅力のひとつ!

桃のいろいろな面を知れば、今よりももっと桃が好きになること間違いなし!
意外と知らない桃の歴史、由来、山梨県の桃の良さなどなど桃について4回にわたって語っていきますよ(∩´∀`)∩

今回は桃の起源について触れていこうと思います♪

 

●第1回「桃」日本到来記●

hakuhou

桃の起源って…?桃はどの国発祥なの…?
などなど、普段ではあまり気にしたことが無いけれど、言われてみれば気になるかも…!?ということについてあまり難しくならない程度に紹介しますね~(*´ω`)

 

桃の起源…
桃の栽培の歴史は非常に古いって知っていましたか?原産国は「中国」なんと、2500年ほど前から栽培されていたようなのです!
みんな一回は学校で習ったことがあるであろう「孔子」が書いた書物にすでに桃の名前が登場していたんだとか。
しかも、字は「」ではなく「毛毛」という字だったらしいですよ。桃の皮の表面をよく見たことはありますか?よく見ると細かい毛がいっぱい生えているのですよ!

 

そして、中国で生まれた桃はシルクロードを旅して古代ペルシャやギリシャなど西へ渡り、ヨーロッパ一帯へ広がり、17世紀にはアメリカ大陸に上陸しました。

 

時は弥生時代!?桃はヨーロッパ、アメリカ大陸を旅してついに日本へ上陸しました!
日本では当初、美しい桃の花を観賞するために栽培されていました。
そして明治時代にヨーロッパや中国から食用の桃が導入されました。そのうち、中国から渡ってきた桃が新天地日本で進化をはたしました!
江戸時代に大久保重五郎という人が実が白い桃を発見したのです。その桃が、皆さんがよく知っている白い果肉を持つ「白桃」です!

 

☆ちなみに☆
桃の原産地は中国中央部
中国にもともとあった桃は現在の桃より小さく、果肉の色は白色・黄色・赤色が混ざっていて食感は固く、絵本の桃太郎に登場する桃のようにおしりの部分がとがっていたそうです。

ヨーロッパへ渡った桃は果肉の色が黄色になり「黄桃種」になりました。
ヨーロッパでは今でも黄桃種が主流です!
日本では桃の缶詰で使用されることが多いんですよ(/・ω・)/

 

 

桃紹介コーナー第1回目は桃の起源についてご紹介いたしました~♪

なんとな~く桃のことがわかりましたかね?

とりあえず、桃が中国原産ということ、白桃は日本生まれだということが分かっていただけたのなら100点満点です(∩´∀`)∩

あ、機会があれば桃の皮の表面をよく見てみてください♪「毛毛」納得がいきます!

次回は「桃の伝説」について語っていきたいと思います(/・ω・)/

 

img3

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
※ポチッとご協力お願いいたします